スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書日記 6月まとめ

2014年6月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:718ページ
ナイス数:66ナイス

春、戻る春、戻る感想
これぞ!瀬尾作品だなぁ~と読み終わった後で、ほんわかした気持ちにさせられた。兄と名乗る見ず知らずの年下の男性が現れるのだが、彼を当たり前の様に受け入れる人達が凄い。と言うか、この世界では受け入れられない人達の方が悪人に思えてしまう。実際はそんな事はないのですが…(苦笑)。偶然だけど今日は“和菓子の日”だそうで、無性に和菓子が食べたくなってしまいましたよ!
読了日:6月16日 著者:瀬尾まいこ
星よりひそかに星よりひそかに感想
短編集だけど、前の話しにチラッと登場した人物が、別の話では主役だったりするので、このヒト何話で出た?と探す楽しみがある。なので出来れば、一気読みを勧める。2話だけ同じ女子高生が主役だったのだが、おぉ!それには気づかなったと驚いてしまった。あと書き下ろしがサスペンス調。でも、真相が判らないのでモヤモヤが残ったままだったりする。恋愛小説苦手なヒトでもサラッと読めそう(多分)。
読了日:6月10日 著者:柴崎友香
さいごの毛布 (単行本)さいごの毛布 (単行本)感想
物語の舞台“老犬ホーム”で働き始めた主人公。面接の際オーナーに犬好きかどうか問われたが、確かに犬好きには辛い職場かもしれない。様々に事情で預けられる老犬たち、人間のエゴなのか愛情なのか捉え方はヒトそれぞれだろうが、正直、老犬の描き方が少々甘いなぁ~と思えてしまった。昼夜逆転する犬や排せつ出来なくなるのも居るのが現実。物語として面白かったけれど、どうしてもその甘さと、登場する女性達に共感を抱く事が出来なかった。
読了日:6月1日 著者:近藤史恵

読書メーター
スポンサーサイト
Category: 読書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。