スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懸賞当選



ウーマンライフ新聞社Webプレゼント「HOMELAND/ホームランド」特製ミニマウスプレゼント

★ 特製ミニマウス

色は全部で3色(黄・緑・白)あったのですが、応募の際には選べませんでした。当選したのは、写真の通り緑色でした!うん、正直ビミョーな色だ(笑)
当選者は2名だけだったので、応募の際に掲載されていた黄色か緑色しか無かったのかな?ミニマウスと言うだけあって、かなり小さいです(苦笑)。

スポンサーサイト
Category: 懸賞

6月15日のお弁当(学習参観編)


・玉子焼き
・ミートボール
・アスパラのベーコン巻
・ブロッコリーのマヨチーズ焼き
・グラタン
・スパゲッティ


毎年恒例“父の日”前日の土曜参観。
って事で、今年もお弁当を作りましたよ~!あぶちゃんのお弁当を作るのはホント久しぶり。だけど、何だか毎回マンネリ気味だよねぇ?
blogを遡って少々研究した方が良いのかも・・・。

そうそう、昨年物足りなかったと言われたのでお弁当箱を新調しましたよ~!ママが20年前に貰ったミスドの景品のお弁当から、新しいミスドの景品のお弁当へと(笑)。
でも、よくよく比べてみるとこれってまったく同じ大きさなのでは?って事で、案の定、帰宅したあぶちゃんからは「物足りなかった~!」と言われてしまいました。

やっぱもっと大きなお弁当箱を新調するしかなさそうですねぇ・・・。
Category: お弁当

30ヶ月経過

先月は歯科医院の都合で診察が無かったので、ほぼ2ヵ月振りの診察です。
またまた進展ゼロかなぁ?と思ったら、嬉しい事にちょっとだけ進展がありました!!

2011年1月から上顎に装着していた矯正器具(仇名はハグちゃん)、今までは食事以外はずーっと装着しっ放しでしたが、今度からは夜間だけの装着でOKとなりました。
学校へ行っている間もしなくて済む様になったのです。いっつも巾着袋に器具の入れ物を持参していた生活ともサヨナラですよ~!!
外食する時も忘れず持参し、忘れた時はどうやって器具を持ち帰るか苦心した生活ともサヨナラ(笑)

とは言え、夜は装着しなくてはいけませんが、ちょっとだけの進展がこれほど嬉しいとは思いませんでした!!


6月診療代 3,000円

読書日記 5月まとめ

2013年5月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:977ページ
ナイス数:90ナイス

憤死憤死感想
今までの綿矢作品とは明らかに違った短編集。どれも何だか不気味だったが「トイレ~」が一番う気味悪かったよぉー!!なんだか「世にも奇妙な物語」に使えそうな作品ばかりだなぁ~って印象。
読了日:5月30日 著者:綿矢 りさ
それを愛とまちがえるからそれを愛とまちがえるから感想
長年連れ添った夫婦、家族の様な存在になれずお互い何かを求めているのに、その何かが分からないからてっとり早く外部委託してみる。タイトル通りな小説だった。男女間だけの“愛”と言う言葉に拘り過ぎなのでは?と思った。最初は共感出来るかな?と思ったが、読んでいくうちに…状態。井上作品は私的に当たり外れが激しいなぁ。
読了日:5月26日 著者:井上 荒野
ちょうちんそでちょうちんそで感想
装丁の美しさは今まで作品の中でベスト3に入るのでは?と思う。江國作品には珍しく、中心人物たちは恋愛に終止符を打ってしまっていた。高齢者マンションが舞台となるなんて正直驚いた。でも主人公の雛子のあの感じは江國作品独特さを維持しておりホッとする。架空の妹・飴子って実在しないのでは?と思わされたが…。姉妹のやり取りはまるで江國さんの事なのでは?と思ってしまった。
読了日:5月19日 著者:江國 香織
真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ文庫 日本文学)真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ文庫 日本文学)感想
読み終わってから表紙がフルーツサンドだった!と気付く(笑)。謎の転校生・美作に振り回される希実ちゃんはやはり良い子だ。こだまの母親ってこんな人だった?と冒頭から印象が違い驚いたが、後々、納得してしまう。唯一残念だったのはソフィアお姉様の出番がガクン!と減った事。彼女は大事よぉー!(笑)。次作に期待したい。
読了日:5月5日 著者:大沼 紀子

読書メーター

Category: 読書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。