スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23ヶ月経過

上前歯4本ワイヤーになってから、初めての再診です。

私自身矯正の経験が無いため、一体どういう風に治療するのか不明なので、治療を受けるあぶちゃんよりも親の方がドキドキしながら、治療が終わるのを待ちました。
上顎に入れ歯の様な矯正器具を装着している時は、治療する側で見学出来たのですが、ワイヤーになってからは少々時間が掛かることもあり、親は待合室で待機なのです。多分「是非見たい!」と言えば見せて貰えるとは思うのですが、正直、そこまで見たくな~い(´Д`ll) だって痛そうだもん!!

前回のワイヤーを外し、新しいのに付け替えて治療は終了~!前回よりもきつくなっているので、最初は多少痛みや違和感はあるとの事ですが、本人は全然痛がる様子もないのでホッとしておりますぅー!!


・11月診療代 3,000円
スポンサーサイト

懸賞当選

121121_1345~01

海外ドラマNAVI「FRINGE/フリンジ <フォース・シーズン>」ブルーレイ&DVDリリース記念

★ 解説本(英語版)

応募した事自体忘れていたので、佐川男子が届けてくれた時にはビックリぃーΣ(゚ε゚oノ)ノ
でもちょうど“スパドラ”さんでシーズン3の放映開始直前なので、ネタバレが気になるので凄く残念ですが、チラ見しか出来ません!!

Category: 懸賞

懸賞当選



JUGEM 「リベンジ」オリジナル電波時計付きUSBポートプレゼント!!

★ 電波時計付きUSBポート

「リベンジ」のDVD発売を記念して作られたノベルティグッズの時計でした。
パソ子がある部屋の時計が、いつも数分進んでしまい困っていたので“電波時計”の当選は嬉しかったです。しかも、パソ子の隣に置けるので時間や日付を確認するのにも便利!
あと、USBを差す箇所が4つもあるので助かりそうです。パソ子は2箇所だけなのよ~!!
Category: 懸賞

11月8日のお弁当(遠足編)


・玉子焼き
・タコさんウィンナー
・スコッチエッグ
・ブロッコリーのマヨチーズ焼き
・コロッケ
・スパゲッティ


秋の遠足は、毎年バスを使いちょっとだけ遠出をするのですが・・・、今年はちょうど社会で“工場見学”を習っている最中だったので、市内の某工場を午前中に見学し、午後は琵琶湖博物館へと行くコースとなりました。
って、すご~く近場なんですけど(笑)
ま、あぶちゃんはバス酔いする可能性が高い子なので、親としては近場は大賛成!お陰で、バスに酔う事もなく楽しく遠足を楽しめた様です。ま、琵琶湖博物館は駆け足見学となってしまい、じっくり見たい派のあぶちゃんにとっては満喫出来なかったみたいですが・・・。

今回は、おかず以外に大きなおにぎり3個作りました。かなり大きいので「残してもいいよ」と言うと「大丈夫!」と自信満々。
本当かな?と少々心配でしたが、帰宅してみるとお弁当箱は見事に空っぽ!おにぎり3個も完食!その代りと言ってはなんですが、食後の“おやつ”は、ほんの少しだけで持たせたのほとんど残してきました(笑)
まぁ、おやつ食べられる時間が食後だけなので、必然的にお腹いっぱいで残しちゃいますよねぇ~。親としては、お菓子よりもお弁当完食の方が嬉しいけどね。
Category: お弁当

読書日記 10月まとめ

2012年10月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1595ページ
ナイス数:112ナイス

シフォン・リボン・シフォンシフォン・リボン・シフォン感想
読後の感想が人によって違うのは普通だが、この作品は特に顕著に現れるだろうと思った。読者の性別や年齢だけでなく、実親との関係や介護をしているか、義両親がいるか等で…。かなえの言葉に共感出来る。親と縁を切るのはホント最後の手段なんだよね、相手がどんな毒親でも。これから親の介護問題が起きてくる年代の女性に是非読んで欲しい本だった。
読了日:10月11日 著者:近藤 史恵
ひらいてひらいて感想
感想を書くのが非常に難しい。単純に面白かっただけでは片付かない作品だったし、高校生の頃の恋愛なんてこんなものよねぇ~と共感すら出来ない。だって自分が学生の頃なら、主人公みたいなキャラは絶対避けていたもの(笑)。彼女の様な恋は当時も今の自分には出来ないと実感させられた。
読了日:10月8日 著者:綿矢 りさ
百鬼夜行抄 13 (ソノラマコミック文庫)百鬼夜行抄 13 (ソノラマコミック文庫)感想
集中して読んだ筈なのに「?」って事もあり必ずもう一度読み返してしまう…、それだけ妖力が強いのだな(笑)律くんがホント不憫だ。青嵐以外の古い名前があったとは!そして、開さんったら何処へ?相変わらず天然な八重子さんが素敵でした。
読了日:10月6日 著者:今市子
真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒 (ポプラ文庫)真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒 (ポプラ文庫)感想
第2弾は長編だった。個人的はオムニバス短編の方が上手い作者なので、双子姉妹の件はやはり…って感じでした。美和子と希実の意外な繋がりがちょっとだけ判明するも、あの時代にデジカメってあった?と違和感だけが残ってしまった。大好きなソフィアさんの出番が少ないのがホント残念だったなぁ。次回は是非活躍して欲しい。
読了日:10月6日 著者:大沼紀子
死せる獣 ―殺人捜査課シモンスン― (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)死せる獣 ―殺人捜査課シモンスン― (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)感想
これほどまでに寝落ちしてしまう本は初めてだった(笑)数ページ読むと確実に寝落ちしていたので読むのに時間がかかったかかった…。事件や犯人達の要求は理解出来るが、捜査関係者や部外者達の心理描写が多過ぎる気がして仕方ない。そこを省けばページ数は1/3減らせたと思える。スモンスンって本当に凄い刑事なのか?元上司の方は切れ者に感じたぞ。
読了日:10月1日 著者:ロデ ハマ,セーアン ハマ

読書メーター

Category: 読書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。