スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書日記 6月まとめ

6月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1102ページ
ナイス数:112ナイス

サファイアサファイア
短編集と言う事で、いつもの読み終わった後、再読するのを躊躇わせてくれる毒が、この作品ではかなり薄まっているなぁ~!と言うのが第一印象。それだけを期待していると肩透かしを喰らうだろうが、お得意のドンデン返しもあるし、希望を抱かせてくれる作品もあり前作よりもはるかに面白かった。作家の話って一瞬ご自身のこと?と思ってしまったよ。
読了日:06月26日 著者:湊 かなえ
オブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ 東京バンドワゴンオブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ 東京バンドワゴン
相変わらず安定感のある面白さ!ただ6作目ともなると登場人物の多さに、この方は誰でしたっけ?と思い出すのに苦労しちゃう。自分の脳みその容量増やしたいぃー!やはり全部揃えるべきかしら?今回は悲しい別れのあるけれど、それでも堀田家の皆は明るく前を向いて歩いていくのだろうなぁ。素敵な家族だ。
読了日:06月23日 著者:小路 幸也
夜をぶっとばせ夜をぶっとばせ
表題では妻たまき目線で物語が書かれていたが、夫雅彦も最低野郎だがたまきもどうなの?と思ってしまう。2人の子供の事を想うと胸が痛む。が、途中で状況が一変したお蔭で続編のたまきになれたのだろう。が、続編の雅彦がたまきとの結婚生活を振り返るシーンには心底ゾッとした。ダメ男ってこう言う考えなんだと…。で、オチが納得いかないぃー!え?なんで瑶子はそうくるのかな?
読了日:06月19日 著者:井上荒野
しあわせなミステリーしあわせなミステリー
アンソロジーってやはり新たな作家との出会いの場だなぁ~、と改めて思わされる。伊坂さんの妻に頭の上がらない殺し屋がクスッと笑ってしまった。柚月氏の検事の話、郵便局でそんな仕事があるとは!と驚かされた。シリーズ化しているからちょっと読んでみたくなった。中山氏は少し期待外れだったなぁ…。吉川氏はごちゃごちゃな印象。アンソロジーの醍醐味だね。
読了日:06月18日 著者:伊坂 幸太郎,中山 七里,柚月 裕子,吉川 英梨
ゆめみるハワイゆめみるハワイ
ハワイへ行った人を見ると、皆ショッピングにだけ夢中になり何の為に大自然いっぱいのハワイへ行くのだろう?と疑問を抱いていた。ばななさんのこの本は、私が感じたかったハワイはこういう事なんだろうなと想えた。うん、この本と写真は感じるものだと思う。
読了日:06月11日 著者:よしもと ばなな

2012年6月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

スポンサーサイト
Category: 読書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。