スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書日記 12月まとめ

12月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2068ページ
ナイス数:114ナイス

舟を編む舟を編む
さすが!しをん作品、大満足の1冊だった。辞書が作られていく過程があんなに大変な物なのだと言う事も初めて知った(何せ15年かかっている)だけでなく、それぞれの登場人物が個性的ってだけでなく愛おしい人達なんだー!最後の完成パーティーのシーンではホロリとさせられてしまった。
読了日:12月25日 著者:三浦 しをん
配達あかずきん (ミステリ・フロンティア)配達あかずきん (ミステリ・フロンティア)
久しぶりに面白い本に出会えた!と喜びたくなってしまった。本屋が舞台ってだけでも本好きにはわくわくするのに、それに日常的な謎解きまで加わって言う事ない!『パンダ~』に関してはそう来たか!と感心してしまったし『六冊目~』は是非この本屋に行かなくてはと思わされました。続編も楽しみ♪
読了日:12月22日 著者:大崎 梢
モンスターモンスター
初恋って美化されるもので大人になってまで執着するものではない事に改めて気付かされた。高校時代や大人になってからの英介は幼い頃のナイトではなく、特に未帆として再会した英介は最低男なのに…。崎村や美容整形の医師の方が英介より何倍もナイトだった気がしてならない。だからこそ、崎村に付いていって欲しかった。
読了日:12月20日 著者:百田 尚樹
虹の岬の喫茶店虹の岬の喫茶店
読み終わった途端に美味しいコーヒーが飲みたくなる本だった。が、書評が良かったので借りた割りには、どーしても感情移入出来なかったなぁ…。残念!
読了日:12月19日 著者:森沢 明夫
要介護探偵の事件簿要介護探偵の事件簿
孫娘の名前と大家が店子を面接するって箇所で『さよなら~』のキャラだと気付いた途端、切なくなってしまった。玄太郎氏とみち子さんのやり取りも面白かったが「~帰還」で登場した玄太郎氏の娘(ルシアの母)も個性的で良かったなぁ…。是非、時計を巻き戻して続編を期待したいのですが、ダメでしょうか?本音は、岬先生と玄太郎氏のやり取りをもっと見たいのですが、それは無理だしね…。
読了日:12月14日 著者:中山 七里
愛娘にさよならを---刑事 雪平夏見愛娘にさよならを---刑事 雪平夏見
前作「殺しても~」のラストが海外ドラマで言うところの“クリフハンガー”だった事をド忘れしていた為、冒頭のシーンは「???」状態だったが、途中で何とか気付く。が、美央のタトゥーだけ分からない(前作の犯人が彫った?)。今回も前作同様の手法だったので手紙の件はすぐに分かってしまった。で、再び“クリフハンガー”って言うのってどうなのかな?
読了日:12月07日 著者:秦 建日子
モップの魔女は呪文を知ってる (ジョイ・ノベルス)モップの魔女は呪文を知ってる (ジョイ・ノベルス)
やっと読めた第3弾。なのに大介は名前だけでちょっと残念だったけれど、読み応えは充分でした。「第二病棟の魔女」のどんでん返しには参りました!「愛しの王女様」は動物好きには涙ものの物語。主人公と犯人が良い人だったのが救いかも。第4弾までしか無いと思うと残念で仕方無い。続編出ないのかなぁ?
読了日:12月03日 著者:近藤 史恵

2011年12月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

スポンサーサイト
Category: 読書
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。